2・3歳頃に読んであげたい幼児の絵本 おすすめ5選!

こんにちは、 chiccoです!

子供が2・3歳になると ますます色々な事に興味がでてきますよね!

絵本もそのひとつで、我が家の3歳の坊ちゃんも「ママ、読んで!」と絵本を持ってくるようになりました。

今回は、2・3歳の幼児むけのおすすめ絵本をご紹介します!




おすすめ絵本 5選

① はらぺこ あおむし

卵から幼虫、さなぎ、そしてちょうになるお話です。

カラフルな色づかい、かわいい絵、子供がわくわくするしかけで最後まで楽しく読めます。

 

はらぺこあおむしはあまりにも有名ですが、他にも面白い絵本があります。

 

・できるかな?

 

しかけ絵本シリーズもおすすめです。

「くもさん おへんじどうしたの」くものすが浮きでた絵本

 

「だんまり こおろぎ」音のでる絵本

 

「さびしがりやの ほたる」光る絵本

 

「みつばちと どろぼう」うごく絵本

 

② わにわにのごちそう

おなかがぺこぺこのわにわにが、れいぞうこをあけて、お肉をやいて「いただきます。」

大人からするとなんてことないように思うお話ですが 子供にとても人気があります。

 

 

〈わにわにシリーズ〉

わにわにのおふろ

 

わにわにのおでかけ

 

 

わにわにのおおけが

③ かばくん

動物園の1日をかばくんの視線でかいたお話です。

このお話はもともと作者である岸田衿子さんの妹で女優の岸田今日子さんが歌った「どうぶつの12ヶ月」というレコードの歌詞のために書かれたものでした。

シンプルで詩的な文章とキャンバスの地を活かした油絵が素敵です。

 

④ 11ぴきのねことあほうどり

コロッケ屋を始めたねこたちは、毎日食べる売れ残りのコロッケにあきてきました。

「鳥の丸焼きが食べたい」と夢見ていると、そこへ1羽のあほうどりが現れます…

 

 

11ぴきのねこシリーズは、3世代50年にわたって楽しまれています。

 

〈11ぴきのねこシリーズ〉

11ぴきのねこ

 

11ぴきのねこ ふくろのなか

11ぴきのねことへんなねこ

⑤ めがねうさぎ

めがねうさぎのうさこは めがねを山でおとしてしまいました。

そこで探しにでかけましたが、森のおくには たいくつなおばけが待っていたのです。

せな けいこさんの温かみのある切り絵がとても印象にのこるステキな本です。

 

〈めがねうさぎシリーズ〉

おばけのてんぷら

〈関連記事〉